涙と笑いのある優雅な映画生活 ひまわり主婦☆あさみ姫☆お勧め映画
最近、感動して泣いたのはいつ?爆笑したのは?身近な人に優しい気持ちになれたり、子供の気持ちに戻れたり、毎日が奇跡と刺激に満ちた世界にみえてくる、そんなお勧め映画をどうぞ☆

お勧めPR♡

映画館で並ばずにチケットが買える!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

☆あさみ姫☆

Author:☆あさみ姫☆
一言で自己紹介すると、「ひまわり主婦」です。
性格が明るくて、ポジティブなので友達に「頭にお花が咲いている」と言われた事があります。
(けして、馬鹿というわけでは…。)
楽しい事が大好きです♪
いい事があると、鼻歌を歌います。

ちなみに、好きな花は『ひまわり』です。

夢はお城の様なお家を建てることなので、年甲斐もなく「☆あさみ姫☆」なんて名前にしちゃいました(笑)



リンク

このブログをリンクに追加する



このブログを購読するには



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ← 応援(クリック)おねがいします!




モリー先生との火曜日
モリー先生との火曜日 モリー先生との火曜日
ジャック・レモン (2003/04/24)
ハピネット
この商品の詳細を見る

普及版 モリー先生との火曜日 普及版 モリー先生との火曜日
ミッチ・アルボム (2004/11/21)
NHK出版
この商品の詳細を見る


この映画はジャケ買いならぬ、ジャケ借りだったのですが、
かなりすばらしい映画でした!!

映画の半ばからずっと泣いてました。
モリー先生の自分の生涯をかけた「愛」と「人生」の授業は
重く私の心に突き刺さりました。

「仏教徒みたいにやればいい。毎日小鳥を肩に止まらせ、こう質問させるんだ。
『今日がその日か? 用意はいいか? するべきことをすべてやっているか? 
なりたいと思う人間になっているか?』」
実際に小鳥がいるかのように、ぐるりと首を肩のほうに向けて、
「今日が、私の死ぬ日かな?」
この一言で、涙がじわっと出ちゃいました。
          
肩の上の小鳥、私も飼いたいなって思いました。

そして、この言葉が私の頭から離れません。
「いかに死ぬかを学ぶことは、いかに生きるかを学ぶことだ」

いかに死ぬかを学ぶとはどういうことか。
この映画を観るとわかると思います。

普段は素晴らしい名言を生徒たちに残し、
前向きな先生が素直に死を怖いと嘆くシーンは
人間らしさを感じ、涙が止まりませんでした。

この映画は沢山の人に観てもらいたい映画です。
絶対に何かを得ることが出来ますよ!!
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!





株式会社ぽすれん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。