涙と笑いのある優雅な映画生活 ひまわり主婦☆あさみ姫☆お勧め映画
最近、感動して泣いたのはいつ?爆笑したのは?身近な人に優しい気持ちになれたり、子供の気持ちに戻れたり、毎日が奇跡と刺激に満ちた世界にみえてくる、そんなお勧め映画をどうぞ☆

お勧めPR♡

映画館で並ばずにチケットが買える!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

☆あさみ姫☆

Author:☆あさみ姫☆
一言で自己紹介すると、「ひまわり主婦」です。
性格が明るくて、ポジティブなので友達に「頭にお花が咲いている」と言われた事があります。
(けして、馬鹿というわけでは…。)
楽しい事が大好きです♪
いい事があると、鼻歌を歌います。

ちなみに、好きな花は『ひまわり』です。

夢はお城の様なお家を建てることなので、年甲斐もなく「☆あさみ姫☆」なんて名前にしちゃいました(笑)



リンク

このブログをリンクに追加する



このブログを購読するには



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ← 応援(クリック)おねがいします!




大帝の剣
映画ノベライズ 大帝の剣 映画ノベライズ 大帝の剣
夢枕 獏、天沢 彰 他 (2007/03/14)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る

大帝の剣1 <天魔降臨編><妖魔復活編> 大帝の剣1 <天魔降臨編><妖魔復活編>
夢枕 獏 (2007/02/26)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る

http://www.taitei.jp/index.html

「餓狼伝」「陰陽師」などで有名な夢枕獏の同名小説の実写映画で、
奇妙キテレツなスペクタクル時代劇です。
監督は「トリック」シリーズを手掛けた奇才・堤幸彦。
CGや特殊メイクなど、なんでもありの面白映画です。

《あらすじ》
徳川幕府時代、想像を絶するパワーを秘めた「オリハルコン」と呼ばれる
地球外金属で作られた“三種の神器”が存在した。
その1つである“大帝の剣”を持った源源九郎(阿部寛)は、
残り2つの神器を求めて旅を続けていた。
その途中、豊臣の血を引く高貴な姫・舞(長谷川京子)と
その従者の佐助(宮藤官九郎)に出会い、一緒に旅をすることになる。

この映画はハッキリ言って、娯楽目的で観ないと
ただのB級映画ですが、すっごく面白かったです!!

実写映画を観ているのに、なぜかアニメでも観ているような感覚になります。
ナレーションがあったり、所々にギャグが散りばめられていたりして、
「ドラゴンボール」や「ちびまる子ちゃん」の様でした。

でも、なぜか役者さんには凄くこだわっていて、
津川雅彦さん・六平直政さん・本田博太郎さん・竹内力さんなど、
所々に有名な俳優さんが登場します。

☆私のお気に入りキャラクター・ベスト3!☆

第3位は「破顔坊(竹内力)」
この人、こんなんでいいの?
こんな役をして大丈夫なの?
って思ってしまうくらい、体張って頑張っています。
気持ち悪さはナンバー1です!(笑)

第2位は「手妻の藤次(大倉孝二)」です!
忍者なのにいつも着地失敗(笑)
この人が出てくるだけで笑えました。

なんと言っても、第1位は
ダクシャが取り憑いた「マタギの権三(遠藤憲一)」です!
台詞が「あらあら?あらららら~♪」しかないのが笑えました。
すっごく気持ち悪い顔なのに、可愛く思えてしまいました。

爆笑というより、「くすっ」て感じの笑いで、
刀で切ったりするシーンがグロかったりもするのですが、
浅いツボにジャブの様に何度もヒットしてしまうような映画なので、
期待しないで観て頂けると、かなり笑えると思います☆
スポンサーサイト

テーマ:大帝の剣 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!





株式会社ぽすれん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。