涙と笑いのある優雅な映画生活 ひまわり主婦☆あさみ姫☆お勧め映画
最近、感動して泣いたのはいつ?爆笑したのは?身近な人に優しい気持ちになれたり、子供の気持ちに戻れたり、毎日が奇跡と刺激に満ちた世界にみえてくる、そんなお勧め映画をどうぞ☆

お勧めPR♡

映画館で並ばずにチケットが買える!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

☆あさみ姫☆

Author:☆あさみ姫☆
一言で自己紹介すると、「ひまわり主婦」です。
性格が明るくて、ポジティブなので友達に「頭にお花が咲いている」と言われた事があります。
(けして、馬鹿というわけでは…。)
楽しい事が大好きです♪
いい事があると、鼻歌を歌います。

ちなみに、好きな花は『ひまわり』です。

夢はお城の様なお家を建てることなので、年甲斐もなく「☆あさみ姫☆」なんて名前にしちゃいました(笑)



リンク

このブログをリンクに追加する



このブログを購読するには



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ← 応援(クリック)おねがいします!




17歳のカルテ
17歳のカルテ 17歳のカルテ
ウィノナ・ライダー (2007/01/24)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

思春期病棟の少女たち 思春期病棟の少女たち
スザンナ ケイセン (1994/06)
草思社
この商品の詳細を見る

http://www.sonypictures.jp/archive/movie/karte17/

60年代末、17歳の多感な少女が精神病院で体験した心の葛藤と友情の物語。

原作はスザンナ・ケイセンが60年代後半に
精神病院で過ごした2年間の体験を綴った「思春期病棟の少女たち」です。
主演のウィノナ・ライダーは自分自身も19歳の時に神経症で
精神病院に1週間入院したことがあるという。

この映画、かなり切ないです。
色々な事を考えさせられる映画だと思います。

私自身、うつ症状と軽いパニック障害になったことがあるのですが、
すべてにおいて不安で、寂しく、苦しみから逃れる為には
死ぬしかないって本気で思ってしまうんですよね。

私の場合トラウマではなく、会社での不安や恋人との不安が原因で
パニック障害になってしまったのですが、映画に出てくる患者達は
トラウマなどにより心に大きな不安を抱えているのです。

もし近くに不安を抱えている人が居たら、この映画を観てみて下さい。
もし自分がうつなんじゃないかと思ったら、この映画を観て下さい。
うつや病気に依存してはいけません。
自分が人と違うのではないという事が、映画の最後にわかると思います。
きっとこの映画を観て、一歩踏み出すことができると思います。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!





株式会社ぽすれん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。