涙と笑いのある優雅な映画生活 ひまわり主婦☆あさみ姫☆お勧め映画
最近、感動して泣いたのはいつ?爆笑したのは?身近な人に優しい気持ちになれたり、子供の気持ちに戻れたり、毎日が奇跡と刺激に満ちた世界にみえてくる、そんなお勧め映画をどうぞ☆

お勧めPR♡

映画館で並ばずにチケットが買える!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

☆あさみ姫☆

Author:☆あさみ姫☆
一言で自己紹介すると、「ひまわり主婦」です。
性格が明るくて、ポジティブなので友達に「頭にお花が咲いている」と言われた事があります。
(けして、馬鹿というわけでは…。)
楽しい事が大好きです♪
いい事があると、鼻歌を歌います。

ちなみに、好きな花は『ひまわり』です。

夢はお城の様なお家を建てることなので、年甲斐もなく「☆あさみ姫☆」なんて名前にしちゃいました(笑)



リンク

このブログをリンクに追加する



このブログを購読するには



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ← 応援(クリック)おねがいします!




愛しのローズマリー
愛しのローズマリー<特別編> 愛しのローズマリー<特別編>
グウィネス・パルトロウ (2004/11/19)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

http://www.foxjapan.com/movies/shallowhal/shaker.html

「メリーに首ったけ」のファレリー兄弟監督作品です。

あらすじは、父親の遺言がトラウマで、女性の外見だけにとらわれていた主人公のハルが
エレベーターで知り合ったアンソニー・ロビンスの暗示を受けて、
人間の「内面の美」が見えるようになってしまう。
そして誰もがブスと認めるデブな女性に恋をする。

人間の美醜は本質的でない、人間は外見だけじゃないと言うことを切々と教えてくれる映画です。

この映画では極端に、美女=性格ブス、デブ&ブス=性格美人としていて、
ハルは催眠術のせいで性格美人であるブス&デブが美女に見え、
美人でも性格の悪い人はブスに見えちゃいます(。→ˇ艸←)ププッ 

本質を見るめがねを付けさせられたようなもので、
他の人には見た目しかわからないので、変に思われたりもします。

この映画を観始めた頃は、そう言いつつも、どうせ最後は外見も内面も美しい女性と結ばれるか、
おデブちゃんが痩せて、すっごく美人になって結ばれるんだろうと思っていましたが、
この映画はラブコメだけど、もっと深い事を教えてくれました。

実は私、もっと人の内面を見て相手を判断していると思っていましたが、
この映画を観て、自分も外見で判断してるのかもしれないと反省しました。
自分が少し、恥ずかしくなってしまう様な映画でしたが、
この映画のおかげで、もっと真実をよく見れる人間になると思いました。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!





株式会社ぽすれん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。