涙と笑いのある優雅な映画生活 ひまわり主婦☆あさみ姫☆お勧め映画
最近、感動して泣いたのはいつ?爆笑したのは?身近な人に優しい気持ちになれたり、子供の気持ちに戻れたり、毎日が奇跡と刺激に満ちた世界にみえてくる、そんなお勧め映画をどうぞ☆

お勧めPR♡

映画館で並ばずにチケットが買える!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

☆あさみ姫☆

Author:☆あさみ姫☆
一言で自己紹介すると、「ひまわり主婦」です。
性格が明るくて、ポジティブなので友達に「頭にお花が咲いている」と言われた事があります。
(けして、馬鹿というわけでは…。)
楽しい事が大好きです♪
いい事があると、鼻歌を歌います。

ちなみに、好きな花は『ひまわり』です。

夢はお城の様なお家を建てることなので、年甲斐もなく「☆あさみ姫☆」なんて名前にしちゃいました(笑)



リンク

このブログをリンクに追加する



このブログを購読するには



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ← 応援(クリック)おねがいします!




この森で、天使はバスを降りた
この森で、天使はバスを降りた この森で、天使はバスを降りた
アリソン・エリオット (2006/06/02)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


ある町に降り立った少女が巻き起こす出来事を
温かい視点で描くハートウォーミング・ストーリーです。

この映画は、題名に惹かれてビデオ屋さんで借りました。
原題は「THE SPITFIRE GRILL」ですが、この映画を観た後、
この邦題をつけた人は素晴らしいと感じました。

ストーリーは、かなり重たく悲しみに満ち溢れたものです。
しかし、その中にも人の心の動きや希望、前向きな姿勢が
描かれていてとても暖かな気持ちになれました。

この映画に関する情報をあまり入れないまま、観て欲しいです。
少しずつ彼女の純粋で温かな心に触れる事が出来ますよ。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!




嫌われ松子の一生
嫌われ松子の一生 通常版 嫌われ松子の一生 通常版
中谷美紀 (2006/11/17)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る

http://kiraware.goo.ne.jp/

『下妻物語』の中島哲也監督が、山田宗樹の同名ベストセラー小説を
映画化した異色のシンデレラストーリー。
壮絶で不幸な日々を過ごしながらもハッピーな人生を目指して奮闘する、
川尻松子の波乱万丈な生き様をつづる。

実はこの映画、映画館で見逃してしまって、
ドラマを先に見てしまったので、内容を知っていながらこの映画を観ました。

ミュージカルみたいなこの映画、凄く面白いのですが、
凄く重たいテーマですよね。
不幸なのに明るくポジティブに生きている松子を、
さらに拍車をかけてミュージカル調に明るくしているので、
余計に終わった後、ずーんと暗い気持ちになっちゃいました。

ただ、キャスティングが以外で面白かったです。
音楽も映画が終わった後、頭にぐるぐる回っちゃいました。
子供の松子の歌、凄く可愛いですよね。

自分が不幸だなって思う人はこの映画を観て下さい。
これだけ不幸でも、ポジティブに生きた松子に元気をもらえますよ!



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!




アトランティスのこころ
アトランティスのこころ 特別版 アトランティスのこころ 特別版
アンソニー・ホプキンス (2002/10/04)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


原作は「グリーン・マイル」のスティーブン・キングです。

アトランティスのこころ〈上〉 アトランティスのこころ〈上〉
スティーヴン キング (2002/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

アトランティスのこころ〈下〉 アトランティスのこころ〈下〉
スティーヴン キング (2002/04)
新潮社
この商品の詳細を見る


《あらすじ》
写真家ボビーのもとに幼なじみの訃報が届き、過去の出来事を思い起こす。
自分のことしか頭にない母と二人で暮らす11歳の少年ボビー(アントン・イェルチン)は、
不思議な力を持つ老人テッド(アンソニー・ホプキンス)と出会う。
知的で物静かなテッドにはある不思議な力があった。
父を早くになくしたボビーは、そんなテッドに特別な親しみを感じていく。
しかし、テッドはその不思議な力のために謎の男たちから狙われていた。
ボビーが人生という現実の感動と悲しみを体験する奇跡の物語。

ボビーとキャロルがとても可愛いです(❀ฺ◕ฺω◕ฺ)
二人の恋を見守りたかったな。

この映画は、不思議な空気を感じる映画でした。
物語に特に奇抜さはなく、しんみりとゆったりと流れていきます。
かといってスローテンポで飽きるわけでもなく、じんわりと物語に引き込まれる感じ。
とても心にしみる映画だと思います。

「小さい頃は楽しいことばかりで、アトランティスのような幻の国にいるようだ。
大人になると幻の国は消える」とテッドはボビーに今を大切にすることを伝えるますが、
大人になっても「アトランティスのこころ」を失いたくはないものです。

二人のお別れのシーンはグッときますよ。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!





株式会社ぽすれん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。