涙と笑いのある優雅な映画生活 ひまわり主婦☆あさみ姫☆お勧め映画
最近、感動して泣いたのはいつ?爆笑したのは?身近な人に優しい気持ちになれたり、子供の気持ちに戻れたり、毎日が奇跡と刺激に満ちた世界にみえてくる、そんなお勧め映画をどうぞ☆

お勧めPR♡

映画館で並ばずにチケットが買える!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

☆あさみ姫☆

Author:☆あさみ姫☆
一言で自己紹介すると、「ひまわり主婦」です。
性格が明るくて、ポジティブなので友達に「頭にお花が咲いている」と言われた事があります。
(けして、馬鹿というわけでは…。)
楽しい事が大好きです♪
いい事があると、鼻歌を歌います。

ちなみに、好きな花は『ひまわり』です。

夢はお城の様なお家を建てることなので、年甲斐もなく「☆あさみ姫☆」なんて名前にしちゃいました(笑)



リンク

このブログをリンクに追加する



このブログを購読するには



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ← 応援(クリック)おねがいします!




黄金を抱いて翔べ
ベストセラー作家・高村薫が1990年に発表し、第3回日本推理サスペンス大賞を受賞したクライム小説を井筒和幸監督が妻夫木聡主演で映画化したものです。

《あらすじ》
過激派や犯罪者相手に調達屋をしてきた幸田は、大学時代からの友人・北川から銀行地下にある15億円の金塊強奪計画を持ちかけられる。
幸田と北川は、銀行のシステムエンジニア・野田、自称留学生のスパイ・モモ、北川の弟・春樹、元エレベーター技師の爺ちゃんを仲間に加え、大胆不敵な作戦を決行する。

実はこの映画、原作など読んだ事はなく、東方神起のチャンミン目当てで観に行きました。
なので、あれだけ人間臭い話だと監督が説明していたにも関わらず、金塊強奪メインの話だと思って観たので、正直観終わった後の感想は「で?」って感じでした。
全然腑に落ちない感じだったのですが、帰ってからよく思い出してみると、スルメの様にじわじわと後から「うまみ」というか感動が出てきました。

この映画をこれから観る人は、金塊強奪を通じての6人の男達の心の変化、特に主人公幸田の心の変化がメインだと思って観て下さい。
誰も信じられず、人のいない世界に行きたいと思っていて、常に無表情だった幸田が金塊強奪の作戦に乗り、仲間と関りを持ち、最後に感情を表すシーンは本当に彼の変化なのだと思います。

そこがメインの映画なんだと思うと、不思議とストンと腑に落ちて、素直にいい映画だったと思えました。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!




マイノリティ・リポート
マイノリティ・リポート マイノリティ・リポート
トム・クルーズ (2006/11/10)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

http://www.foxjapan.com/movies/minority/

ビデオ屋さんに行くと、珍しく主人がこの映画を
観たいというので借りたのですが、凄く面白かったです。
スティーブン・スピルバーグ監督作品なのでやっぱりスケールが大きいです。

《あらすじ》
「2054年犯罪は予知され、未来の罪が裁かれる」
プリコグと呼ばれる3人の予知能力者たちで構成された
殺人予知システムに従って予防的治安維持機能を遂行する。
プリコグの導入以後、殺人事件が全く起きていない近未来。
プリコグは、時に3人の予知が食い違うことがある。
システムの完全性を疑われないために、
少数意見(マイノリティ・リポート)になる予知は
存在を秘匿され、なおかつ破棄されるのだが、
その中にもしも真実が潜んでいたら…。

未来的な乗り物や道具、街並みのある一方、
一角には荒れ果てたスラム街があるなど、かなり未来とはいえ
現実的な作りになっているのが印象的です。
警察官が犯人を追うために空を飛ぶための機械も、
一見ダサいんですけど、念力とかで飛べちゃうよりは
凄く説得力があるんですよね。

初めは、犯罪が予防できるなんて凄いなって、
単純に思って観ていたのですが、街のいたるところで
個人を識別され、管理される社会はどうかなって…。
プライバシーというものが治安のためにほとんど無視される社会ですよね。
自分の未来が予知能力者にかかっているって言うのも恐いです。

最後までスピード感があって面白いので、観た事のない人は是非観てみて下さい!

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!




DEATH NOTE the Last name
DEATH NOTE デスノート the Last name DEATH NOTE デスノート the Last name
藤原竜也 (2007/03/14)
バップ
この商品の詳細を見る

http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/

前編は映画館で観たのですが、後編は時間が無くて観れませんでした。
もうDVDになった時は待ってました!って感じなのですが、
ビデオ屋さんで準新作になるまでひたすら待ってましたよ(笑)

この映画監督凄いですね!!
「そう来るか!」って感じでした!
前編でも、凄いアレンジで感動したのですが、
後編は正直グダグダになるんじゃないかって、馬鹿にしてたんです。
でも原作の意味合いを壊さないままに、予想外の終わり方をしてくれました。
どこが原作と違うのか、間違え探しをするのも楽しいですよ♪

それにしても、藤原竜也の演技力にマジでびびった(;゜д゜)
最後の方なんて、漫画のライトそのものって感じでしたよ!
悪魔面過ぎてヒクぐらいでした(爆)

かなりお勧めの映画です!!

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

   ← 応援(クリック)おねがいします!





株式会社ぽすれん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。